お見積もり・相談依頼はこちら
会員専用ページ
めぐみ日記
日建学院公認スクール
facebook
twitter
Pinterest

収納・片付け事例01

お客様情報

ご依頼主80代女性(I様)のご親戚 地域 埼玉県 草加市

ご依頼のきっかけ

草加市で一人暮らしをされているI様(80代女性)の親戚の方からご依頼をいただきました。親戚の方が交代でI様邸に片付けに行かれていたようですが、す ぐに元どおりの散らかった状態に戻ってしまうことにお悩みでした。また、I様は片付けた翌日に捨てた物をまた元に戻してしまうようでした。加えて、I様は 足が不自由なこともあり、散らかった状態では危険なので片付けをしてほしい。
ただ、10年前に亡くなった主人の荷物はすべて取っておきたいというご要望をいただきました。

当社のご提案

現状診断の結果、収納する場所は多くありましたので、ご主人の物は1箇所にまとめて、整理・収納して取っておきましょうというご提案を差し上げました。また、床に物を置いているとケガをする原因になるため、床にある物を移動させる方針にしました。同様に、高い場所にある物も災害時のリスクになるため、すべて下ろすことにしました。

作業内容

❏ 1日目:収納アシスト

I様はご高齢のため、キッチンを中心に、時間をかけてゆっくりと作業しました。2つのテーブル周りにある食品や調理用品を整理。また、食器棚の一部を整理しました。賞味期限切れの食品は処分し、ジャム作り用のビンも必要最小限を残して処分しました。

Before

  Before  

After

   After   

ご感想・コメント

❏ 1日目が終わった後のお客様のご感想

今まで周囲に「捨てろ、捨てろ」と言われて意固地になっていましたが、「捨てる」ではなく、危なくないように物の場所を移動すれば捨てる必要はないと分かり、安心しました。一度にはできないので、自分のペースに合わせてゆっくりと片付けができるのも安心です。

❏ 支援サービスの方のご感想

週2回ほど支援に入らせていただき、片付けてはいましたが、やはりプロが1日入るとここまで違うのかと驚きました。足もとがすっきりして、支援もしやすくなりました。

❏ 当社スタッフのコメント

定期的に身内の方が来ては、本人の意志に関係なく物を処分されてしまう、という生活を送られてきたIさん。はじめは、「物を捨てられてしまうのではないか・・・」と、不安そうな様子でした。「物を捨てる」ではなく、大事な物はきちんと保管して取っておいていいと申し上げたところ、とても安心された様子でした。一つひとつの物を手に取られ、なぜこれを取っておきたいのか自問自答され、自らの意志でほとんどの物を処分されました。ご高齢のため、3時間程度の作業でしたが、片付け終わったときの晴れやかな笑顔がとても印象的でした。

キッチンの収納・片付け事例

家族構成
4人家族 (ご主人・奥様・長女:小学4年生・次女:幼稚園生)
診断箇所キッチン 地域 神奈川県 横浜市
所要時間
3時間 4人 (ご夫婦、住空間収納プランナー2名)
捨てる物が決まっていたため、作業時間が通常より短く済んだ

ご依頼のきっかけ

片付かなかった原因としては、3年半前にゴミのモデル地区となり、ゴミ分別が16種類に。(マンションには珍しく、ゴミ出しは当日8時)
また、次女が生まれたばかりで、ご主人様がゴミ分別説明会に参加したが、その直後に急きょご主人様の異動が決まってしまい、慌ただしく単身赴任。ゴミの捨て方がわからず、徐々に、荷物が増えていきました。

そこに、ご主人様が戻られることになり、戻ってくるスペースがなくなってしまっていたたため、どうにかしたい。

当社のご提案

捨てたい物は決まっているのに、出すタイミングがわからず、気が付けば不用品で あふれる生活に。
キッチンに集結していたゴミ箱の整理や、使用頻度の高いものを取り出しやすい位置に移動。
また、賞味期限が見やすいように整頓することで不要なものを捨てていける環境を整えました

作業内容

Before

  Before  

After

   After   

Before

  Before  

キッチン
16分別のゴミ箱をキッチンに集結させてしまっている

After

   After   


ゴミ箱を厳選し、キッチンに置かなくてよい ゴミ箱を移動 頻繁に出し入れするものは、奥様が体の負担なく出し入れできる場所へ移動

Before

  Before  

吊戸棚内部
不用のタッパーウェアが一番使いやすい 位置にあり、よく使うハンドミキサー類が 届きにくい位置に。

After

   After   


不用のタッパーウェアを処分。 よく使う機械類は、取り出しやすい位置に移動。 把手付のかごに入れ、種類別、使う頻度に 合わせて収納。

Before

  Before  

食器棚
毎日使う食器が後ろのほうにあり、食事の度に不用な食器を出して、必要な食器を取り出し、またしまうという効率が悪い状態に。

After

   After   


毎日使う食器を手前に置き、使用頻度の低い食器を後ろに。 片手で食器を取り出すことができるようになり、食事の支度の効率もアップ

Before

  Before  

流し横引き出し
不用なタッパーウェアが占領。 一番下に調理する際に使うザルが。 (写真に写らないほど下にある) そのため、全てを取り出して戻すという作業を、調理の度に繰り返していた。

After

   After   


調理の度に使用していたザルは別の場所に移動。 吊戸にあったサランラップ類を流し横に移動し、牛乳パックを使って立てて収納

Before

  Before  


引き出しの前にゴミ箱がたくさん置かれるようになった 3年半から時が止まった状態になっていた引き出し 入っているストックはすべて2年以上前に賞味期限切れ

After

   After   


ストック類を賞味期限が見えるように立てて収納 引き出しを開ける度に賞味期限のチェックができ、 賞味期限切れになってしまうことがなくなった。

Before

  Before  


賞味期限の長い乾物ストック引き出しを閉める時には、押さえつけて 閉めていたため、引き出しをすべて引き出したところ、下にストックがいっぱい落ちていた。

After

   After   


不用のタッパーウェアを使って中を仕切って見えるように収納。

ご感想・コメント

❏ お客様のご感想

調理の度に不用なタッパーウェアを出し入れしたりしていたのが、 片手で簡単に必要な物が取り出せることが嬉しく、翌日は用もないのに、 何度も引き出しの開け閉めを繰り返してしまいました。 収納の方法がわかったので、洗面所のタオルは自分で片付けを行いました。 今まできれいに片づけても1週間維持できなかった理由もわかり、 きれいな状態を維持できるようになりました。

❏ スタッフのコメント

1か月後にインナーサッシ工事でお伺いした際に、抜き打ちでキッチンの引き出しを開けさせていただきましたが、収納・片付けサービスをした直後と同じ状態を維持されていました。
収納・片付けサービスを行っていて、一番の喜びは、片付いた状態を維持されている事です。
この仕事をしていてよかったと感じられる瞬間です。そのため、After写真はその際撮影したものを載せました。